仕事がうまくいく!デスクレイアウトを把握して効率化させるための情報サイト

仕事の効率を変えるデスクレイアウト

>

デスクレイアウトのコツは、無駄をなくすこと!

レイアウトで大切なのは無駄がないこと

デスクの断捨離を行い、ものを極端に減らすことに成功したら、まずは自分をほめてあげましょう。
これまでなかなかできなかったことに対して、重い腰を上げて作業を進め得られたことに対して、自信を持つことも大切です。

断捨離がめでたく完了したのちには、ついにデスクレイアウトを整える作業に進みます。
デスクレイアウトを決めていくうえで、最も大切になってくるのは無駄を省くこと。

もしデスクレイアウトを整えたにもかかわらず、なかなか仕事の効率がアップしないといいう人は、まだまだ無駄が多い銅線であると自覚しましょう。

どんなレイアウトにすれば、自分にとって無駄なく動くことができるのか。
これを意識した無駄のないデスクレイアウトは、大きく時間のロスを排除し、効率アップへとつながっていきます。

動きの無駄を省く工夫で効率アップ

では、実際には具体的にどんな工夫を凝らすことで、仕事の効率をアップできるデスクレイアウトが誕生するのでしょうか。

先ほど、これに関しては無駄を省くことが大切であるとお伝えしましたが、これはただ無駄になるものを排除するという意味だけではないのです。

本当に無駄を省いて仕事の効率をアップさせたいのであれば、動きの無駄を省く工夫を随所に凝らしたデスクレイアウトに仕上げましょう。

例えば、ペンを手に取った時に、両手を使ってキャップを外すのではなく、片手のみで作業を済ませられるようにしておく。
こうすることで、もう片方の手ではすでに資料を持ち、次の作業のスタンバイをすることができます。

こうするためには、ペン先を下に向けてペン縦に入れ、自分の利き手側にそのペン楯を置いておく必要があります。

どの作業に関しても無駄を省くことができるよう、頭を使ってデスクレイアウトを整えると、それは必ず仕事の効率化に繋がります。


このTOPICSをシェアする